Lyrics

愛しくも足早に過ぎる
僕らの人生は儚くて
紡がれた笑顔の灯り
零れ落ちない様に
いつかの未来 想いを馳せては
くだらない遣り取りして
頬が緩んでは 思う傍らに居た
季節を越えて

ありがとうの 想いを歌にして
果て無き夢 続く道しるべは
幾つもの 出逢いと別れ
瞼の裏で 繰り返している 日々を
陽だまりに 似た様な温もりは
影さえも 溶かしていく
辛く苦しい過去の記憶
寄り添って歌いながら
悲しみさえ 拭える様な

真っ直ぐな言葉と瞳
出逢った たくさんの音色は
何かを堪えている僕に
居場所をくれたんだ
何時かの過去は 明るい未来へ
想像も できなかった
小さな種でも やがて花を咲かせて
実を結ぶから

今僕が ここにいられることは
他でもない 日々の奇跡がある
孤独さえ 受け止められる
共に歩んでこう 想いを紡いで 僕ら
遠回り することもあるけど
茜色 巡っていく
過去は消せずにこの傷さえ
忘れること捨てることも
出来ないなら 背負っていこう

独りでは生きていけない
それは 僕も同じだから
誰もが流した涙を
拭いたくて 僕は歌うよ

ありがとうの 想いを歌にして
果て無き夢 続く道しるべは
幾つもの 出逢いと別れ
瞼の裏で 繰り返している 日々を
陽だまりに 似た様な温もりは
影さえも 溶かしていく
辛く苦しい過去の記憶
寄り添って歌いながら
歩む道は いま始まる

Let’s Subscribe!

iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music etc.

Fan Mail

上記アドレスにて、皆様からのご意見やご感想をお待ちしています。

Address

お手紙につきましては下記まで、ご郵送いただきますようお願い申し上げます。
 
〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-12-10 サウスサイドビル1F LANDRUTH